よくある質問

よくある質問

何から手をつけたらいいかわからず、具体的な内容が決まっていません。
こういった相談もできるのでしょうか?

はい問題ありません。
現状のお客様のニーズに合わせた会社設立のサポートをさせていただきます。

目的の確認から資本金、役員・出資者の構成、事業年度など、会社設立後の法人税や消費税に影響がある項目などがありますので、 状況に合わせてご対応いたします。

事業を始める際には、どんな手続きが必要でしょうか?

個人事業でスタートする場合には、会社設立という手続が不要ですので、税務署等の役所に届出書を提出するだけで完了です。

但し、事業の種類によっては、開始にあたっての許認可が必要になる場合がありますので、注意が必要です。

【許認可の必要な業種例】

不動産業、飲食店業、旅行業、理容・美容業、旅館・ホテル業、クリーニング業、運送業 など

会社設立までどれぐらいの期間がかかりますか?

一般的には、基本事項が決定していれば、2週間前後で会社設立が可能です。
作成書類への押印や印鑑証明書の入手などに時間がかかってしまった場合など、また、法務局での受け入れ状況などによってはさらに日数を要する場合もあります。お急ぎの場合はご相談承ります。

自分で準備しておくものはありますか?

会社の代表印(会社設立後にご準備)と、出資者(発起人)と取締役の印鑑証明書をご準備下さい。お一人で会社を設立されて、出資者もご本人である場合には、出資者として1通、取締役として1通の合計2通必要になります。
出資者と役員が別の場合はそれぞれ1通ずつ必要になります。

詳細はお問合せください。

費用の支払方法に関して教えて下さい。

ご面談によるお打合せの終了後に、登記関連費用をお預かりさせていただきます。
ご入金の確認後に設立の手続きを開始します。

会社の経理に関して全く知識がないのですが。

会社設立後は川淵税務会計事務所が税務顧問として決算申告から税務調査まで一括してサポートします。
日々の経理に関しましても、電話・FAX・メールなどにて迅速に対応いたします。

会計の知識がない方でも、帳簿の作成の仕方や会計ソフトの操作などをご指導いたします。

会社を設立するメリットって何ですか?

【法律上のメリット】

有限会社・株式会社では、社長の債権債務に対する責任は有限で、原則として出資の限度で責任を追えば済みます。

個人企業の場合、負債を抱えてしまうと、事業主がすべての責任を負うことになります。

【取引上のメリット】

社会的信用があり、資金の調達がしやすいという経営上メリットもあります。
法人は設立から解散まで、法的に管理されているといっていいでしょう。
会社として存続しているというだけでも、個人事業に比べ、一定レベル以上の信用が確保されているといえます。

【税法上のメリット】

個人の所得税より法人税のほうが税率が低く、所得を分散するなどの節税対策ができるに
なります。

詳しくは「法人成りのメリットへ

定款・定款の認証とは?

定款は、その会社がどの様な組織でどのような活動を行っていくかの根本的な規則を定めたものです。定款で定めたことに違反することは出来ませんし、これを役員などが勝手に変更することも出来ません。

定款変更には、法律に定められた一定の手続を必要とするくらい、定款というものは重要なものです。

株式会社は発起人が必ず定款をつくり、これに署名押印しなければなりません。会社が設立に際して作成する定款の事を「原始定款」と呼んでいます。

定款の作成次第では、活動が制限されたり、会社にとって不利益になる恐れもありますので、専門家である行政書士に依頼されるのが無難です。

定款作成後、記載事項に間違いがないか、法令の強行規定や公序良俗、会社法の基本原則に違反しないかなどをチェックし、間違いがない定款であることを公証して貰う必要があります。

これが公証人による定款の認証です。
定款の認証には公証人がいる公証人役場へ行くことになります。
公証人役場は、設立登記を受ける都道府県内の公証人役場であれば、どこでも認証を受けられます。

資本金はいくらにしたらいいですか?

1円以上であればいくらでもかまいません。
ただし、現実問題として、実態のないペーパーカンパニーの設立は論外ですが、何らかの事業を行う以上、開業資金、開発資金、仕入資金等の資金が必要となるのが通常です。そのため、資本金を過度に小さくする必要はないものと考えます。

また、資本金の額によって税務上の取り扱いが異なる場合もあるため、そういった点の考慮も必要です。

会社の目的を決める際の注意点はありますか?

以前(会社法施行前)は、会社の目的審査の基準として、

①適法性 /②営利性 /③明確性 /④具体性

の4つの基準が挙げられていましたが、新会社法では類似商号の規制が廃止されましたので、④の具体性が除外されました。

よって、「商業」「商取引」「事業」「建設業」といった具体性を欠く目的でも登記は受理されますが、金融機関との取引や監督官庁に許認可の申請をする際に、支障が生じないように、出来るだけ具体的に記載する方がよいでしょう。

本店所在地はどこにしたらいいのですか?

本店所在地とは、会社の事務所を置く住所の事を言います。
設立登記や税務関係は、本店所在地を管轄する法務局や税務署で行います。

定款を作成する段階では例えば「東京都中央区」などと、することが出来ますが、設立登記の段階では、番地まで記載する必要があります。
事務所がマンション内にある場合は、番地まででも、マンション名まででも、部屋番号まで入れてもかまいません。

事業年度はどのようにしたらよいでしょうか?

事業年度は、自由に定めることができます。

一般的には「毎年4月1日から翌年3月31日までの年1期とする」と定める場合が多いようです。

事業年度は、決算期が事業の繁忙な時期に重ならないように定めることをおすすめします。

また、会社の事業年度は1年を超えることができませんが、1年を2事業年度以上に分けることは可能です。

会社設立後は社会保険に加入しなければならないでしょうか?

会社は、健康保険と厚生年金保険に加入しなければならないことになっています。
一般には、給料を支払うようになれば社会保険事務所に加入申請することになります。

お気軽にご相談ください

お問い合わせ

無料相談実施中

会社設立をお考えの方

後のサポート

税理士顧問

契約までの流れ

よくある質問

事務所案内

【川淵税務会計事務所】

〒812-0011
福岡県福岡市博多区
博多駅前3-19-5
博多石川ビル7F
TEL:092-482-0868
FAX:092-482-0867

【対象地域】

福岡市博多区を中心に、
中央区、城南区、南区、春日市、
太宰府市、大野城市など

【提携先】

司法書士法人萩尾事務所
〒811-2317
糟屋郡粕屋町長者原東6-14-1
TEL: 092-938-1221
FAX: 092-938-5768

社会保険労務士山本博事務所
〒814-0133
福岡市城南区七隈2-2-10-103
TEL: 092-865-5546
FAX: 092-865-4689

きよなり社会保険労務士事務所
〒812-0046
福岡市博多区吉塚本町10-8-401
TEL: 092-405-9411
FAX: 092-405-9416
ホームページはこちら

Tax House